任意整理から10年カードを作れない場合

債務整理を行えば信用情報に事故情報が記録される事になり、これは信用情報に傷が付いたと表現したり、良く聞くキーワードとしてはブラックリストに入るとも言われる状態です。
任意整理も債務整理の一種であり、記録として残る事になりますから、この期間には新しくカードローン審査をクリアしたり、クレジットカードを新規で持つのは難しいものと言えます。
債務整理によってが5年から10年程度はローンが組めずにクレジットカード作成も無理という目安があり、任意整理の場合は3年から5年かけて返済していく流れになりますが、任意整理は債権者との和解合意された時に信用情報登録されて、合意から5年経つと事故の記録が消える事になるものです。
しかし、任意整理返済完了から登録するという例もありますから、5年とは言い切れない部分もあり、返済期間が5年ならば返済完了からさらに5年記録されて、合計で10年クレジットカードを新規作成が出来ないという事もあります。
信用情報機関によって記録年数に違いがある部分もあり、金融事故記録等は5年とか7年、10年と色々な目安がありますが、実際に確認したい場合には照会する事は一般の方でも出来ますから確認するのも良いです。