任意整理後の銀行口座開設について

私たちの生活のなかで銀行口座というものは非常に大きな役割を果たしています。
たとえば給与の受け取りや公共料金の支払い、税金の納付などの金銭のやり取りのほとんどは銀行の預金口座を介して行われるため、万が一、銀行口座開設ができないといった状況に陥ってしまったときにはとても不便な思いをすることになってしまいます。
そこで気掛かりになってくるのが、債務整理をした後の銀行口座開設についてです。
一般的に任意整理などの債務整理をした後はクレジットカードやローンの審査に通りにくくなるといわれています。
では、銀行口座仮説の場合はどうなってしまうのでしょうか。
結論から先に言ってしまうと、債務整理後であっても銀行口座の開設には支障はありません。
なぜならば銀行の口座の場合、クレジットカードやローンの審査のように個人の信用情報が参照されることはないからです。
たとえ個人信用情報に金融事故といった傷がついていたとしても、銀行の口座の開設には関係ないからです。
ただし、任意整理をしたのが銀行であった場合、その銀行に新規で銀行口座開設するのは難しいことでしょう。
銀行内部で金融事故を起こした人物としての記録が記録されてしまっているためです。