個人再生をすることで借金の返済額が大幅に減らせます

個人再生は債務整理の中で任意整理と同じように借金の整理ができる制度です。
破産申立て件数に比べて利用する人が少ない制度ですが個人再生の方が自力で返した分、社会的に制裁を受けにくいです。
破産をしてしまうと就職先のとき警備会社で働けなくなったり銀行の事務員でも就職ができなくなってしまいます。
個人再生なら社会的にも健全な状態でいられるので今まで通り就職活動が出来ます。
免責不許可事由が無いので借入目的が、例えば買い物に使って商品を転売して現金に変えたとしても制限がありません。
住宅ローンを抱えていても住宅を手放す必要がなくなるので安心です。
小規模個人再生がほとんどなので一度手続きをしても破産のように7年間は受けられないといったことがなくなるため、制限なく手続きを受けられます。
申立件数が意外と少ないのが個人再生ですが任意整理に比べれば借入金額を大幅に減らしていけるので、計画的に返せるようになり貯金もできるようになってきます。
申し立て件数は1社ごとに行うので借入金額の大きい会社から処理していけば借金は片付いていきます。
法律事務所では民事再生を積極的に支援してくれるので、わからないことがあったら親切に教えてくれます。