破産するか任意整理するかは3年以内に返済できるかが問われます

債務整理は借金を軽くできるので生活が楽になりますが、自己破産を希望する場合は本当に破産する必要があるのかよく考えてからの方が良いです。
破産手続きして問題なければ免責されるので生活を立て直すには有利な方法ですが、信用情報機関で10年間記録が消えないのでローンの申し込みがしばらく出来なくなってしまいます。
車を購入するときの分割払いも免責決定してから10年間はローンを組めなくなるのでかなり制限された生活を送ることになります。
破産以外にも何かいい方法がないのかといえば債務整理の中で比較的人気のある任意整理なら借金が片付けばローンを組める可能性が出てきます。
破産するのか任意整理をするかの分岐点は3年以内で今抱えている借金を全額返すことができるかチェックされます。多重債務で仕事の収入もあまりないときは免責を受けた方が再建できます。
仕事の収入があって分割払いでも3年を目安に払い続けることができるのであれば任意整理にした方が社会的にも有利です。
住宅を手放す必要もない任意整理なら借金を大幅に減額して利息を除いた元金だけの支払いになるので、3年後には借金を整理することが出来ます。
自動車も高価な物でなければそのまま乗り続けることができるので、弁護士と相談することで多重債務は解決します。